2022年、ご成人おめでとうございます[2022-01-09]

二月堂への月参り

松 | アウトフォーカス

店主の林直です。寒い日が続きますね。

うちでは毎月、可能なかぎり月初めには東大寺の二月堂へ月参りに行くようにしています。
今月は1日には行けなかったので今朝思いたって行ってきました。

二月堂 | お堂

せっかくなので二人で一眼レフをぶら下げてのお参りです。

二月堂 | 月参り

日差しはあるものの気温はけっこう低かったので足元から冷えてきます。真衣さんは何を撮っているのだろう?

手水舎 | 竜

最近はどことも感染予防のために、手水舎はひしゃくも置かれていないので、本来なら水をたくさんかけてもらうはずの龍ものどが渇いてそうです。

二月堂 | 扉

本堂のとびらに付けられた金具に鳥がとまっているように見えたので撮った写真。正体はカギを止めるためのヒモのようです。

こういった写真を撮るときに私が注意するのは建物の垂直線を合わせること。写真の中央を垂直に合わせるのがポイントです。この写真のようにちょっと見上げたりすると写真の端にくる垂直線に合わせたら、建物が斜めに転んだように見えて、落ち着きがなくなってしまいます。

二月堂 | お供え

お正月だからか、毘沙門天さまのお堂のとびらには色んなものが供えられていました。アメちゃんも面白いけど、どんぐりをお供えするのは何か意味があるのだろうか?鹿なら食べるかもしれませんが。

吉城園 | 入り口

お参りのあと、ちょっと吉城園さんに移動して写真を撮ってきました。今はあまり花も咲いていないので来園者も少なく、ほとんど貸し切りで散策することができました。

苔 | ピクミン

吉城園さんは今年の春には高級ホテルとして生まれ変わるそうで、明日からにでもそのための工事がはじまるそうです。お庭の見学は工事期間中もできるそうなので、ご興味ある方は訪ねてみてくださいね。マクロレンズを持っていくと写真のような苔のアップも楽しいです。

ネコヤナギ | 青空

マクロレンズで近寄れるギリギリまで寄るとネコヤナギもこんなアップで撮ることができます。背景の木はけっこう向こうのほうにあるので、最小絞りf 51に設定してもぼやけて写ります。このとき、プレビューボタンでネコヤナギと背景の木がどのように重なるかをしっかり確認することと、絞り込むので手ブレにじゅうぶん注意することがポイントです。

松 | アウトフォーカス

レンズを通して見える面白さにハマりだしたら、いろんなものがとても面白い被写体に見えてきました。この写真は実はピントをわざとぼかして撮っています。光によってにじんだ松の葉っぱが面白いです。

ドット | 石

これはおまけ。見た目におもしろい写真を撮り出したら、溝ぶたに乗っかった小石とふたのドット柄が変な感じに写ったので、載せてみました。目がおかしくなりそうですよね。

色々楽しんできましたが、今日はこの辺で。また書きますね。

昨日のブログ「初撮りスナップ」へボタン