今週は大学で授業

今週は大学で授業
今週は日曜日まで6日間、大阪芸術大学で通信教育部の授業です。
今日で半分終わりました。
今日と明日は大型カメラを使っての撮影実習。
皆さん学内をカメラと三脚を担ぎながら練り歩かれました。
ご覧の通り小春日和の青空。とても気持ちよい一日でした。
IMG_0641.jpg
私も指導しながら数カット作例用に撮影しました。
今日はパイプオルガンの音色に惹かれて塚本記念館に入ってみると、
今日は演奏学科の試験日のようで、練習中のところをお邪魔にならないようカメラを構えました。
4X4インチのカメラが写っているの、わかりますか?
IMG_0642.jpg
大好きな音が響き渡るなかの撮影は何とも贅沢な気分にさせていただきました。
このホールのすぐお隣には大阪芸術大学博物館があります。
ここには数々のコレクションが収蔵されているのですが、
写真を志すものにとって最も魅力的なものは「決定的瞬間」という言葉を生み出した巨匠
アンリ・カルティエ=ブレッソンの作品411点です。
これだけブレッソンのコレクションが揃っているのは世界中探してもそう多くありません。
この全ての作品が網羅された目録が大学から刊行されています。
ソフトカバーの2,000円は超お買い得です。
img_01.jpg
入手ご希望の方は大学のホームページに案内があります。
大阪芸術大学博物館刊行物 案内ページへ
毎年11月頃にはこれらの作品からピックアップされた展覧会が開かれています。
このコレクションのユニークな条件がついていて、学内ではこのような展覧が可能なのですが、
学外での展示をするときは411点をフルセットで展示することになっています。
ということでこの毎年11月の展示はとても貴重な機会なのです。
ぜひ一度足をお運び下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です